矯正用インプラントアンカー

矯正用インプラントアンカーとは

矯正用インプラントアンカー矯正用インプラントアンカーとは、小さな医療用ネジ(直径1.4mm、長さ6mm程度)のことです。このネジを固定源として、歯の移動を効率的に行えるようにします。
近年の矯正歯科治療では多く使用されています。
矯正用インプラントアンカーは、チタン製です。チタンは生体親和性に優れた金属で、骨折の接合や人工関節、人工歯根などに用いられ、金属アレルギーの心配もない安全な素材です。
矯正歯科治療において前歯の突出や凸凹の程度がひどい場合、抜歯をしてそのスペースに前歯を引っ張ってきます。
前歯と奥歯の引っ張り合いの際に、奥歯が前に動かないように従来はヘッドギア(頭にかぶる装置)で固定することが一般的でした。
しかしヘッドギアは10時間以上装着しないと効果が出にくいため患者さんの協力が不可欠でした。
一方、ヘッドギアの代わりに矯正用インプラントアンカーを使用し、これを固定源とすると常に歯を引っ張っている状態になるため、治療期間を短縮することができます。
また従来の方法では、動かせなかった方向に歯が動かせたり、外科手術が不要となる可能性があります。また非抜歯による矯正歯科治療の可能性が広がります。

矯正用インプラントアンカーのメリット・デメリット

メリット

  • より良好な治療結果が期待できる
  • ヘッドギアを使用する必要がなくなる
  • 歯の動かし方の選択肢が増える
  • 抜歯する必要がなくなる可能性がある
  • 外科手術が不要となる可能性がある
  • 治療期間が短縮できる可能性がある

デメリット

  • 簡単な外科処置が必要である
  • 約1割の確率で脱落する可能性がある
  • 歯の移動方向によっては再度植立しなおす必要がある

矯正用インプラントアンカーはどんな時に使う?

  • 前歯の突出や凸凹がひどい時
  • より良好な治療結果にしたい時
  • 奥歯を大きく移動させる必要がある時
  • 歯を埋め込む必要がある時
  • 左右の奥歯の位置がずれている時
  • 歯を抜きたくない時

矯正用インプラントアンカーの植立の流れ

1.矯正用インプラントアンカーの植立

骨には痛覚がないため処置による痛みの心配はありません。
歯ぐきの表面だけに麻酔が効けばよいので、麻酔の量は少量で済みますので安心して治療をお受けください。

2.歯の移動

インプラントアンカーを固定源にして歯を移動させていきます。

3.インプラントアンカーの除去

治療計画通り歯並びが整ったらインプラントアンカーは除去します。

一番上に戻る
042-704-8020 24時間WEB予約24時間WEB予約