部分矯正

前歯だけ、すきっ歯だけ部分的に歯並びが気になる方へ

前歯だけ、すきっ歯だけ部分的に歯並びが気になる方へ

部分矯正は、前歯やすきっ歯など一部の歯並びのみ改善する矯正治療です。歯列全体の矯正治療と比べて費用面や治療期間の面にメリットがあります。
ただし、歯並びの状態によっては部分矯正が適用できません。そのため当院では、事前の診査や検査で部分矯正が可能かどうか慎重に判断しております。
可能な限り患者さまに適した治療計画をご提案しておりますので、まずはお気軽にご相談ください。

部分矯正をおすすめする方

  • 前歯のように一部の歯並びを改善したい方
  • できるだけ早く矯正治療を終えたい方
  • 矯正歯科治療費用を抑えたい方
  • 直近のイベントまでに歯並びを整えたい方
  • すきっ歯を矯正治療で整えたい方

部分矯正と全体矯正の違い

全体矯正は、歯列全体に矯正装置を取りつけます。歯を動かす力の土台である固定源を確保できるため、歯を効率よく動かせます。
一方、部分矯正は歯並びを整えたいところにだけ矯正装置を取りつける治療法です。固定源を確保することが難しい場合もありますが、全体矯正と比べて治療費を抑えられる上に矯正期間も短くなる場合が多いです。

部分矯正を適用できる歯並び

部分矯正は、前歯のすきっ歯を改善したい、全体的な歯並びは問題ないが部分的に問題がある、ちょっとした歯並びのデコボコが気になるといった場合に向いています。
また、全体矯正で整えた歯並びが再び乱れたので再治療を行いたいといった場合にも対応可能です。
部分矯正は、重度の歯並びの問題や抜歯が必要なケース、骨格的な問題があるケース、噛み合わせを整えたい場合などには向きません。
歯と顎のバランスを整えたり、歯列全体を調整したりする場合は全体矯正を行う必要があります。

部分矯正のメリット・デメリット

メリット

  • 気になるところだけを治療できる
  • 全体矯正と比べて治療期間が短くなる場合が多い
  • 矯正装置を取りつける歯が少ないので治療費が安くすむ場合が多い
  • 取り外し可能なマウスピース矯正(インビザライン)を使用できる可能性がある

デメリット

  • 歯並びが非常に悪い場合は適用できない
  • 顎骨が大きくズレている場合は適用できない

治療方法

マウスピース型矯正装置(インビザライン)

マウスピース型矯正装置(インビザライン)部分矯正が適用できる歯並びは、軽度の場合が多いです。気になる歯並びだけ改善するのに、マウスピース矯正(インビザライン)は向いています。
透明で目立ちにくいため、矯正装置の見た目が気になる方やお仕事で矯正装置を付けられない方でも取り外し可能なため安心です。

マルチブラケット矯正装置(表側矯正)

マルチブラケット矯正装置(ワイヤー矯正)マルチブラケット装置で部分矯正も可能です。全体矯正よりも付ける装置が少なく、見た目を整えることができます。

一番上に戻る
042-704-8020 24時間WEB予約24時間WEB予約